←次のお話   前回のお話→

学校まで行って帰ろうとした

学校着いて、靴箱まで来て離れない、すん(息子)。
そうこうしている間も、コウ(娘)ちゃんは家で一人…。

こうなったらもう!!
帰るしかない!!!!
帰ろう!!

急げ急げ急げ〜!!
…と思っていたら、見回りの先生が声かけてきて。

先生に声かけられた

あの…!!
子供が学校行きたくないみたいなので連れて帰ります!!

 

と、手短に説明したら、先生、ニコニコしたまま、すん(息子)をガシッ。

すんをガシッと掴む先生

(続く)

ではまた〜

 

 

 

 

 

楽天広告
Amazon広告
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事