←次のお話   前回のお話→
結局行けず班長がお迎えに来た

「学校行きたくない!!」と言って学校を休んだ翌日…。
次の日は学校行くと言っていたのに、すん(息子)、ママ(私)にくっついて微動だにせず…。

ちょっと充電時間、長すぎんか????

 

ママ(私)

すんちゃん??そろそろ行かないと、集団登校行っちゃうから…ね??

 

すん

ヤダヤダヤダーーーー!!!!!

 

かなり余裕を持って支度したはずが、ここへ来て時間がなくなり、結局、班長さんが家まで来ました。

班長さんがウチまで迎えに来た

因みにこの日の前日(学校休ませた日)は、班のグループラインで休ませる旨を伝えていたので班長さんは来ませんでした。

 

私はてっきり、集団登校に間に合わなかったら間に合わなかった子は置いていかれるシステムだと思っていたので、班長さんが来た時はびっくりしました。

すんの学校の集団登校、「連絡なしに集合場所に来なかった一年生は班長が迎えに行く」っていうシステムみたいで、児童の安全を考え、班長側はそれを徹底していたみたいだけど、1年生側の保護者はその事を知らない人が殆どだったよ。

 

コロナでバタバタしてたのかな?

この集団登校もね、当時はちょっとモヤってたよ。
近所に同じ1年生がいるのに、班が違うくて一緒に行けなくてね、すんの班で1年生はすん1人…。
人見知りなすんは心細かったんじゃないかな〜と思ったよ。

 

登校しぶり当時は、集団登校なんてなくていいのに…。と思いました。。。

ぶっちゃけ、この集団登校があるから登校しぶりしてるんじゃないの??とさえ疑ったこともあったよ。
コロナで喋れない知らないお兄さんお姉さんに連れて行かれるってちょっと恐怖だと思うしね…。

 

 

すん(息子)の登校班の子、皆真面目で、人見知りだと思う。
誤解されそうなので書いておきますが、班の子達は皆良い子です。

(続く)

ではまた〜

 

 

 

 

 

楽天広告
Amazon広告
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事