←次のお話   前回のお話→

班長のお迎えで渋々学校に行った

班長さんが来てまもなく、班の子全員がウチに来ました。
「ねぇまだ〜」「早くしないと遅刻するよ〜」「どうするの〜??」等々聞こえてきて。
遅刻するから早くして
私はとてもプレッシャーを感じました。。。

班長さんが来るだけでもちょっと…と思っていたのに、全員くるなんて〜!!
「学校行こう」圧、はんぱなくね??

 

まぁ班の子達は圧かけてるなんて思ってないだろうし、ただ遅刻の心配をしていただけなんだけど。
中々行きたがらないすん(息子)に、班の子達の急かす感じが伝わってくる。。。

班長さんも、優しく呼びかけ…ではなく、真顔で「行くよー」だし。。。

班長さんも、班長なりたてだし、接し方に慣れてない感じだよ。

 

すん(息子)は人見知りだし、班長さんも、どうしていいか分からなかったんだろうね。

でもその班全員のお迎え圧に負けたのか、渋々登校するすん(息子)
渋々登校するすん
何か言いたそうな、すがるような、半泣きな感じの顔で、登校していきました。

(続く)

ではまた〜

 

 

 

 

 

楽天広告
Amazon広告
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事