掛け算は[まとまりの数]×[個数]で計算している【掛け算の順序2話目】
スポンサーリンク

掛け算の順序の話4コマ

こんにちは。しらこです。
掛け算の順序、どっちでもいいと思っていませんか?
大人にとってはどっちでもいいことかもしれませんが、「これから学んでいく子供」にとって、「どっちでも良い」と、言い切ってしまっても良いのでしょうか…??
掛け算の順序はどっちでもよくないおいたん

掛け算の順序なんて、どっちでもいいじゃんねぇ??

 

おいたん
いや、どっちでも良くない

 

えっ!?
何で????
スポンサーリンク

サクランボの例

掛け算を累加で定義
(掛け算の定義は、乗法-Wikipediaで、このように定義されていますが…)

※大変重要な注意

厳密には、すん(息子)の教科書には、「掛け算を累加で定義しましょう」などと記載されておらず、教科書7ページ目に、「足し算で求めることができる」と書かれています。
(↓教科書7ページ目)
算数の教科書7ページ目

すん(息子)の話を聞くと、「2×3は、2+2+2のこと」という認識であり、すんの友達(他のクラスの子)も、「2×3=2+2+2と教えられた」という認識でした。
しかし、先生がどう教えたか?と言われると、実際のところは分かりません。
あくまでも、すん(息子)や、すんのお友達が、「2×3=2+2+2である」という認識です。

例えば…
2粒ずつ実の付いたサクランボが3房ある場合。

2粒が3房あるんであって、3粒が2房ある訳ではない。
だから、式は、
「2(個のまとまりが)×3(つある)」となります。

サクランボの説明

小学校では、このように、「(まとまりの数)×(何個)」というように習います。

上記のサクランボの例で、2×3の説明はできるけど、3×2の説明はできないよね?
だから、文章問題だと、「ちゃんと文章を理解して、問題解いてる??式が逆だったら、問題の意味、分かってないよね?」ってなるんだよ。

 

正確には、3×2が、できなくはないんだけどね。
ここで補足すると、分かりにくくなりそうなので、別のところでお話します。

 

答えが合ってるなら、式も正解で良くないか??

掛け算の順序は大事

でもさ、2×3も、3×2も、答えが「6」じゃん!!
答えがあってるんだから、掛け算の式なんて、どっちがどっちでも良くね!?

 

おいたん
答えは一緒でも「式が表しているもの」が違う。
これは、すごく大事。

 

へっ!?
どの辺が大事なん??
どう言う事??

と言う事で、詳しくはまた次回…。

式に意味はないなんて言う人もいるかもしれないけど、ちゃんと意味があるんだよ。
そう言うことを、私は教えていきたいな。

でも多分、すんに言っても、「ふぅ〜ん」で終わるだろうけどね。
なんか聞いた事ある…くらいに思ってくれればいいかな。

 

すん
???
あのねぇ〜、ボクねぇ〜、大きくなったらサンズと戦いたいの〜。

次回予告

まとまりの話
(↑この人は、「おいたん」です)

「概念」は、「それはどういうものか」についての共通の認識を指します。

 

ふむふむ…?
なんか、分かってきたような。。。まだよく分からんような。。。

 

「おいたん」がついに具体化!?(そんなこたぁ〜どーでもいい)
…と言うことで、続きはまた次回。。。

 

↑私の故郷、愛媛のお菓子。母恵夢。

母恵夢はね、普通サイズはちょっと大きいから、ベビー母恵夢くらいが丁度いいよ。
「博多通りもん」とか、「なごやん」に似てるかも…。
母恵夢は色んな種類があって、季節限定商品とかも色々あって、美味しいよ!!
りんご味や、くるみショコラなんてあるんだねぇ〜。
お試しあれ!!

 

ではまた〜!!

<注意>
これは、小2すん(息子)のテストが発端となり、おいたん(兄)から聞いた話が面白かったので、漫画にしているだけです。
学校教育に関する議論とは、無関係です。

ポチッと応援、おねがいします↓励みになります↓
PVアクセスランキング にほんブログ村
こっちもポチッとお願いします↓
すくパラ倶楽部
2021秋冬トリプル総選挙にエントリーしています
Amazon
楽天
Yahoo!ショッピング
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事