←次のお話   前回のお話→

学校の前でもガシッ

集団登校の集合場所まで付いて行ったのに、一向に離れない、すん(息子)。
班長さんの「学校まで付いて行ってあげたら?」の一言で、完全に付いて来てほしいモードになった、すん(息子)。

コウ(娘、3歳)を家に一人で寝かせているが、学校までの距離はそんなに遠くない。。。
行きは集団登校だからまぁそこまで急げないとしても、帰りはダッシュして数分…(つっかけで足痛いけど仕方ない…)
学校まで付いていけば、すん(息子)、ニコニコで行ってくれそうだし…。
ムムムッ

考え込むママ

こんなところでジッとしている時間が勿体無い…。
行くにしても行かないにしても決断せねば…。

学校まで付いて行くと決めた

お願い!!寝てて!!
コウちゃん!!
すぐ帰るから!!!

…からの
学校前ですんガシッ
ガシッ!!

えっ!?また!?!?!?
ちょっとちょっとちょっと〜〜〜〜(汗(汗(汗

(続く)

こういう決断を迫られる時、精神削られるよね。。。
この時は何もなかったから良かったけど、何かあってからでは遅いもんね…。
この時の行動は良かったとは言えないので、真似はしないでね。

 

 

ではまた〜

 

 

 

 

 

楽天広告
Amazon広告
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事