掛け算の順序が違うのは間違い!?【掛け算の順序1話目】
スポンサーリンク

テスト4コマ

こんにちは。しらこです。

先日、すん(息子)が持って帰ったきたテストの話(間違いの箇所↓)。
テストの間違い箇所

ママ(私)
ねぇ、ここ!!
これ!!何でここ、違ってるの!?
9×8でも、8×9でも、どっちでもいいじゃん!!
なんでバツなの!?

 

すん
それは、先生が、「ダメ」って言ってたよ。

 

ママ(私)
何でっ!?何がダメなの!?!?

 

すん
う〜んと…。
忘れちゃった☆
そんなに納得いかないなら、今度、面談の時に、先生に聞いてみたら??

 

ママ(私)
おっ!!いいね、それ!!
いいアイデア!!
今度、三者面談の時に聞いてみよっか!!

怒るママ
なんて思っていました…。
(結局、納得したので、先生には聞いていません。私の無知で、批判的に捉えちゃって、ごめんね。。。)

掛け算の式の順序。
それを教えることは、「とても大事」なのです。

何故ならそれは…

つづく。。。

スポンサーリンク

次回予告

次回の1コマ目↓
掛け算の順序はどっちでもよくないおいたん

えっ!?
式の順序なんて、どっちでもいいんじゃないの?ダメなの??
何で????

と言う事で、次回からは、「おいたん」に解説してもらうことにします。

おいたん【登場人物紹介】

おいたん
おいたん・・・私の実兄(子供達からみたら、叔父)
職業・・・絵描き
学歴・・・大阪大学大学院理学研究科数学専攻

理学部数学科だった、私の兄。
学生の頃は、山にこもってずっと数学していたい…なんて言っていたくらい、数学が好きだったよ。
凄いね!!

 

↑私の地元・愛媛のお菓子。ハタダの「どら一(いち)」
これ、毎年、期間限定で発売してるの。今年も出回り始めてるので、良ければ是非。おいしいよ。
期間限定だからかな?Amazonでは出てこないね…。

今回から、「掛け算の順序」について、漫画にしていくよ!!
難しい話だから、甘いものでも食べながら、見てね。

 

ではまた〜!!

 
<注意>
これは、小2すん(息子)のテストが発端となり、おいたん(兄)から聞いた話が面白かったので、漫画にしているだけです。
学校教育に関する議論とは、無関係です。
 

ポチッと応援、おねがいします↓励みになります↓
PVアクセスランキング にほんブログ村
こっちもポチッとお願いします↓
すくパラ倶楽部
2021秋冬トリプル総選挙にエントリーしています
Amazon
楽天
Yahoo!ショッピング
スポンサーリンク
コメント一覧
  1. ゴルゴ・サーディーン より:

    身内のかたに説得(?)されてしまう展開でしょうか?
    反論をツイッターに書きました。
    https://twitter.com/golgo_sardine/status/1471990234791682052

    • しらこ より:

      説得?というか、納得??したので、漫画にしようと思いました。
      全部で9話ぐらい?になりそうですが…(^^;)
      できれば、全部読んでいただきたい内容になります。
      (描くのが遅いので一気に出せないのが残念なのですが…💦)
      よろしくお願いします。

  2. 権兵衛 より:

    順序に拘る人は、口では意味が大事と言いながら実は文章上の表現しか見ていない人が多い印象ですが、おいたんさんはどうなんでしょうね…
    「太郎君が花子さんに本をあげた」と「花子さんが太郎君から書籍を貰った」の区別を強いるような類の話で無ければ良いのですが。
    「指導要領に書いてある(実際には書いてない)」や「被乗数と積の単位は同じにするルールがある(国際的な単位のルールと相反する)」などのデマを信じていないかどうかも心配です。

    次回以降の話をお待ちしています。

    • しらこ より:

      コメントありがとうございます。
      文章上の表現の話ではありません。
      文章上の表現が違っても、数の概念を理解することが大切です。
      後々の漫画でも描く予定ですが、『2gの角砂糖が3つ』と『2粒のサクランボが3房』を、同一視できるか?(同じように計算できるか?)という問題です。
      まとまりの数の概念のある子供(人)にとっては、当たり前の話ですが、これ、取り扱う対象が変わるだけで、小学6年生の内容になったりします。
      やっていることは本質的に同じ事ですが、割り算にしろ何にしろ、この”まとまりの数”という概念の理解が大切になります。
      補足:『3枚のコインがあります。そのコインは全て2円でした。いくらでしょう?』という問題も見ますが、これは、より抽象化した問題になります(この問題の絵を描いて説明しづらい)。
      是非、最後まで、読んでいただけると嬉しいです。
      (全部で9話ほどになる予定です。)
      よろしくお願いします。

      • 権兵衛 より:

        なるほど。『数学とは異なるものを同じものとみなす技術である』というポアンカレの言葉があるように、同一視できることは大切ですね。
        ただ、やはり”まとまりの数”という概念の理解と言いながら、”まとまりの数”を表す表現ばかりに拘っていないか、順序が理解に寄与するのかという懸念が残ります。
        続きを読まないことには判断できませんけどね。

      • ばってん より:

        すでに子供さんが掛け算順序が逆でも答えは同じって理解してるんだから、みんなの言いたい事は分からなくもないけど、そんな主さんに攻撃的に突っかからなくても良くない?って思っちゃいますよね~

        • しらこ より:

          ありがとうございます。
          関心が高い話だと思ったので描き始めましたが、ここまでセンシティブな内容だと思っていませんでした。
          完結まで一気に出せばここまで言われることはなかったのかもしれません…。
          (大まかな流れは考えているものの、描ききれてないの…。しくしく。)
          続きって言ってるのに、批判してくるということは、それだけ気にしてくれているということ!!
          精神的に結構しんどいですが、最後まで、描き続けたいと思います。

コメントを残す

関連キーワード
教育、躾の関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事